明治大学シンポジウム 鳥が運ぶ種子と芽生え-千代田学の調査から-に参加します

明治大学が千代田学の一環で小規模な公園の鳥散布種子の実生を調査しています。
調査の報告とあわせて、ビオトープやまちづくりに鳥散布種子をどう生かせるかという観点から講演します(八色)。

日時:12月5日(土) 13時30分~16時
場所:明治大学リバティタワー15階1156教室(神田駿河台1-1)
定員:100名(申込順)
内容:
(1)明治大学農学部の学生による観察会の調査報告
(2)生き物の生態に詳しいゲストの講演
(3)生き物の豊かなまちにするためのディスカッション
講師:
(1)亀山章(生物多様性の専門家)
(2)佐伯彰光(市民参加型生きもの調査の専門家)
(3)八色宏昌(ビオトープ整備の専門家)
申し込み先:
明治大学農学部応用植物生態学研究室(FAX:044-934-7154またはEmail:eco@meiji.ac.jp)